トップイメージ
多様にある融資の審査の観点から比較してみると、審査もまた多種多様であるということが考えられます。一口に融資と呼んでも、金融機関であったり大手のものであったり、また独立系のものなどもあり多様です。それらを見た時、間違いなく、手続きが甘い会社、その逆の厳しい会社に、はっきり分かれていきます。初め、合わせてお金を借り入れる会社は、3社というのが判定の目安になります。借り入れ業者が3社以内で、お金の融資をしてもらっている金額が年収の三分の一以下であれば、金融機関系でも審査基準をパスする見込みは高いはずです。金融機関は総じて借りたお金に対しての金利が少なめに設けていますので、活用するならば金融機関系がベストです。キャッシング件数が万が一お金の借入れ件数が4件を上回っている時は、金融機関系は難しくなります。しかし、2006年からできた制度の貸金業規制法や出資法などの法の改正により、金利が下がり、金融機関系ではキャッシングの手続きが厳しくなってきている傾向にあります。金融機関系でも、より一層審査項目に関しては慎重になると思います。また手続きの甘い会社と評判のキャッシング会社でも、安易に申し込めばよいというわけでもありません。仮に、先にその会社に関して情報を調査せずに申込みをして、審査基準をクリアしなかった場合、その審査項目は個人信用情報機関に保存され、信用情報機関に記録される時間は三ヶ月〜六ヶ月ですので、その時間、個人信用情報機関の記録が汚れてしまうこととなってしまします。汚れたからといって直に借りられないというわけでもないのですが、その個人情報を参考にする業者の手続きには、当たり前に、多かれ少なかれ影響があるでしょう。割と通りやすいといわれている審査をする会社でも、個人信用情報機関に情報が登録されるいることによりキャッシングを受けられなくなることも発生するかもしれません。

リンク

Copyright © 1998 www.freelinkspider.com All Rights Reserved.